2022夏休み終了の宴と一時帰国の感想

やっほー新学期、ビバ新学期!

今年の新学期開始は9月1日から。

うちの学校は、登校時間が小学校=午前、幼稚園=午後のみでバラバラだったのでスッキリバンザイって感じではなかったですが、それでも子どもたちが学校に行くとうれぴー!

とにかく子らは疲れてくると喧嘩するので、やっと心の平安が取り戻せました。。

いや~一時帰国の疲れを引きずりながら、半月ずっと子供が家にいる夏休みはきつかったで。

もし次に一時帰国するなら、フランス帰国後すぐに子供を義理両親に預けるか、学童に入れるべし!!

夏休みのあいだは3/4が日本の一時帰国、残り1/4はフランス自宅保育というバランスで、とにかくあっという間に終わりました。

日本ではやりたかったことがすべてできました。

(家族旅行、友人に会う、歯医者や健康診断、発達相談、日本脳炎ワクチン、体験系)

今回はめずらしく誰も体調を崩さず、トラブルや事故もなく、ウッカリ忘れる系もなかったし、出発前に不安だったロストバゲージや旅行中のコロナ感染もなかったので、まずは無事日本に行って帰ってこれて良かったですね。

行きの飛行機では座席が前後だったのが心配でしたが、なんと娘の補習校時代のお友達親子や隣だったという奇跡で事なきを得ましたし。

旦那も途中参加できたし。

夏しかできないスイミングスクールにも行けて、娘のお友達も出来たし!(すごい縁)

ただやっぱり、日本の夏は想像以上に暑かったーーー!!

そしてマスクがつらかったー!

延々と図書館にいられる8歳女児はまだいいけども、読書興味なしの育てにくい4歳男児に東京の夏はきつかったので(4歳本人とその保護者も含めて)、次回2023年はやっぱり秋に日本帰ろうと思います・・・

フランスの学校と習い事を休むのには目をつぶるしかない。

日本の夏しか経験していなければ、夏はこんなもんだって諦めもつくし、大人はビール飲んでごまかしちゃえって思うし(?)、子供も小学生以上大きくなれば毎日プールに勝手に通ってもらえばいいのかもだけど、旅行で日本に来てると、さあいきなり一人で行動してねってわけにもいかないですからね。

実家から徒歩圏内に児童館があったから何度か救われたけど、毎日開館しているわけでもなく。

ふらっと寄れる公園や、暇つぶしの散歩ができないから、毎日なにかイベントや用事を探さなければいけなくて、でも暑さで思考が停止していて休まらなかったですね。たぶんこれは実家の両親もそうでしょう・・・

それでも今回は旦那が10日間ほど来たので戦力として救われました。

夏しかできないイベント=夏祭り、線香花火、スイミングスクール、プールも体験できたので、まあひとつの経験として良しとします。

娘もこれで日本の夏はどんだけ暑いか人に説明できるでしょう・・・

私もさすがに8年間もフランス住んでいると乾いた空気に体が慣れたってことですかね。

なので、フランス人の皆さんに「日本どうだった?」と聞かれて開口一番「暑かった」と答えています・・・

毎年夏に帰ってる在仏日本人ママさんらはすごいと思った。

というわけで、日本の夏はやっぱり暑かったです笑。(記録的猛暑だったらしい)

2023年は秋帰国を目指す!

たぶん娘が小5=2024年には秋に学校を休む余裕は無いと思うので(中学進学準備のため※フランスは小学校が小5まで)、2024年は7月に帰る予定です。

フランスの中学生になると6月から休みに入るみたいなので、前倒して帰れるといいなぁ。

コメントを残す