赤ちゃんクッキー詰まらせる

フランス版赤ちゃんせんべい「Boudoir(ブドワール)」詰まらせる

生後8か月半になる私の赤ちゃん。

離乳食の時間は相変わらず食べ物だらけ、いっこうに改善される気配はなく、最近はぐずってしまって大騒ぎ!

進歩がなくて困ったなーと思い、週一で通っているPMI(児童館)の担当者に相談したところ、「赤ちゃんせんべいやバゲットを与えてみたら?もちろんちゃんと見張りながらね!」とのアドバイス。

早速買ってみました。私が買ったのはBlédina(ブレディナ)というブランドの「Boudoir(ブドワール)」というクッキー。卵ボーロがスティック状になったようなものです。

箱には「対象月齢10か月から」と記載があったので敬遠していたのですが、要は、歯が生えてきていたら与えても良いということみたい。(ちゃんと見張りながらですよ!!)

娘にあげてみたところ、はじめは不思議そうに観察していましたが、食べ始めたら気に入ったようで黙々とむしゃむしゃ。

美味しそうに食べるではありませんか!良かったな♪と思っていた矢先・・・・

とっても苦しそうな娘!

手に持っていた最後の部分をどうやら口に放り込んで、喉に詰まらせてしまったようです。

あわてて椅子から出し、熟読しておいたマニュアル通りにうつぶせの方向に膝の上で支え、背中をたたき、詰まっていたものはちゃんと胃に入ったようで事なきを得ましたが・・・母、心臓止まるかと思いました。

ちなみに、いざという時の応急処置はこちらにも載っています。

事故・ケガ別知っておきたい応急手当て【CASE3 誤飲・窒息

離乳食の進め方は目の前の赤ちゃんのペースで

うちの娘、指しゃぶりをしながら離乳食を食べているので、飲み込むのが苦手なんだということが今回良く分かりました。

振り返ってみますと、離乳食の時間はかなりの頻度で不機嫌になってしまうため(でも良く食べる)、本当にこれでいいのか?という不安な気持ちがあったうえ、

PMI(児童館)などで他の赤ちゃんが何とも清潔であっという間にベビーフードを食べ終えているのを見て、つい焦ってしまった部分がありました。

 

離乳食の月齢の目安というのはあくまで目安なんですね。うちの場合は焦らず気長にやっていくしかありません。

という訳で、当分またピューレ状のもので進めていきたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください