幼稚園&保育園が6/22から再開

フランス全土で学校&保育園が来週(月)から再開します。

それも通常通りの運営です。

フランスより感染者数・死亡者数の低い国がまだ休校中だったり、分散登校するなど慎重に進めているなか、フランスは余裕の「元通り」・・・

今日の新規感染者は467名、そのうち入院した人は136名。

他の国のことは追えてないけど、日本より全然多い。

学校を再開する理由として、子供は感染・伝播しにくいエビデンスが得られたからとのことでした。

日本でも有識者会議で同様の結論が出ていましたね。

学校や保育現場で小児が感染源となったクラスターの報告が、国内外を通じて殆ど見られていないことは特筆すべきである。

学校閉鎖を行う事は、その他のsocial distancingと比べて効果は少なく、COVID-19死亡者の減少は2~3%に留まる。一方、医療従事者も子どもの世話のために仕事を休まざるを得なくなる事から、医療資源の損失によるCOVID-19死亡数が増加し、結果として学校閉鎖はCOVID-19死亡者をむしろ増加させると推定されている。

教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしており、小児に関してはCOVID-19関連健康被害の方が問題と思われる。

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状

フランスでは人種差別デモがあったりでみんな鬱憤たまってるのと、失業増えたり、宿題苦で殺人事件とかあったし、別の問題が増えてきたから学期末前に一息入れるんだと予想しています。(夏休みは7月第2週から)

そう、夏休みは普通にあるんですよ、2ヶ月間。日本みたいに学習期間の調整はしない。この国では先生方のバカンスが無くなったらこれまた大問題でデモ勃発だろうからね。

とりあえず我が家も流れに乗り、来週上の子は幼稚園に通おうと思っていますが、衛生面でどんな工夫をしてくれるのか不明点が多いので園長にいま問い合わせ中。

下の子の保育園も、もしかしたら行かせようかなと思っています。。。

2 comments

  1. かな says:

    おお!通常再開なのね。
    不安なような、ほっとするような…?!

    こちらも時同じくして、来週からほぼ通常再開のようです。5時間授業をクラス全員で。給食も簡易的なものがあるそうです。配膳で感染率高めないよう個包装のものや単品物だそうで、栄養を重視するような従来の給食とは異なるらしい。

    休み時間、遊具などの共有物は今の所禁止で、読書か自由帳で過ごすらしい。

    こまめに手洗いするけど、うがいは禁止。その代わり水筒から水分こまめにとるよう促してくれているらしい。歯磨きも今年は無しと。

    授業中はペアワークなどはなし、常に前を向いて発表するときも立っては発言しないらしい。座ったままだとか。

    きっと先生方は楽しく学習させるために、いろいろな制限の中、どうしたもんかと四苦八苦してると思う。

    毎朝検温カードをチェックしないと教室に入らない仕組みになってるらしい。全員マスク着用、予備は3枚持たせてとのこと。

    夏休みは8月に2週間だけ、冬休みも3日間くらい短くなったよ。

    あくまで私の娘の学校は、そうらしい(娘の発言からの情報なので不確か)というだけなのだけど。

    だけど、この感じだと、新しいお友達はなかなかできないかも。。。

    来週からの通常再開が、娘ちゃんの笑顔に溢れた素晴らしい日常でありますように!そして、安心して送り出せる環境に早く戻りますように!

    • フランスママ says:

      ついに日本も通常運営なのか〜すごい、さすがに徹底してる。感染者を絶対に出さない!という工夫が沢山だね。
      こっちは共存路線だからね〜園長からの連絡きたけど検温すら無い、言うだけ無駄と思ってそう。給食は冷たいものしか出ないけど、個包装の文化じゃないからリスクありそう。遊具やおもちゃは解放されてる気がする、公園は既に解放してるし。マスクは政府が幼稚園児には禁止と発表してる…日本は予備まで持たせるのか!休み時間もきっと普通に遊ぶんだと思う…
      唯一、他のクラスとの活動は出来ない、って所が線引ラインっぽい。感染防止じゃなくて感染拡大を防ぐ策のみだね。今は少人数で10人ずつ登校させてるんだよ、うちは行ってないけど。来週からは30人が同じクラスに入るのかも…ちょっと情報少ない。
      有識者会議のデータと担任を信用して行かせるけど不安だね、その日に行ってみてやばそうなら引き返すわ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください