外出制限措置5/11まで期間延長

4月13日夜にマクロン大統領が演説を行い、これまで外出制限4月15日までだったところ、5月11日まで延長することになりました。

事前リークがあったから全然驚かないよ。

しかも今いきなり解除されたら超こわい。医療崩壊まっしぐらだから、むこう1ヶ月は安堵です。

主な発表内容

  1. 外出制限5月11日まで延長
  2. 5月11日以降、保・幼・小中高が少しずつ再開。大学は遠隔授業のまま
  3. レストラン,バー,映画館,劇場,博物館等は閉鎖のまま
  4. イベントや集会などは7月中旬までは禁止
  5. 5月11日以降、症状ある人は全国でテストが受けられるように。陽性者は隔離され,治療を受ける。
  6. 5月11日以降、大衆用マスク(masque grand public)を全国民に配布
  7. EU国境は新たな決定まで閉鎖継続
  8. 経済困るため、観光業,ホテル業,飲食業等は4月15日に閣議で措置決める
  9. 失業補償は継続・強化

初動が遅かった(マスクを軽視してた、医療体制設備・人員・マスク不足など批判されてる)ことに対する謝罪があったし、いつ解決するか分からない、数ヶ月かかるということも隠さず演説してた。

あとはワクチンに投資して研究してること、アフリカを救わなきゃいけないということも言ってた。

5月からは、いよいよ国民に働いてもらわないといけないフェーズということです。共働きがほとんどだから預け先ないとね。そして学習できない環境の子供たちの格差が広がることも懸念してると思われます。

オンラインだと次第に顔を見せなくなってしまう生徒がいるっていうニュースもありました。何%だったかな、確か2割近くは消えた的な。

とにかく、フランスはすごい勢いで感染してしまったし、現在進行系でまだまだ増えているから(多少鈍化はしてきたけど)、そもそもの戦略がもう封じ込めじゃないのよね。

みんな時間差で免疫つけてこうぜ!っていう方針よ、明言してないけど。

一気に感染すると医療崩壊するけど、じわじわ広がれば医療も対応できる(?)から、ワクチンできるまではジワジワ様子見で前に進みましょう、ということなんでないかな。

外出制限解除後の具体的な施策は、15日以内にまた発表があるそうです。

マスク配布は「みんなのマスク」ってニュアンスだから多分アベノマスク的な使い回せるやつがうちにも来ると思われ。マクロンさんは各国の施策をよく観察してて、良い部分は取り入れてるから、きっと日本のマスクも見習ったんだと思いますー

検査全国で可能、の動きはいいんだけど、どこ製の検査使うのか知りたいわ。中国製は精度が悪いって聞いたし、日本製の島津製作所のがいいんだが。

つくづく思う、フランスはトップ=マクロン氏が優秀よ。打ち出すプランは妥当で透明性あり、とにかくすぐに行動に移してくれるから見ていて安心感があります。

まあフランス人に言わせると、「マクロンはちゃんと対応した。けど他国のほうが準備万端で死者も少ないよね~」的な感じで、ドイツやスイスを意識してる発言が多いですね。

うん、君たちフランス人はラテン系だもん、国民性が違いすぎるよ。

マクロンの行動は早いしスピーチうまいし、こんな状況でも視察は全国あちこち行っててすごいと思うんだけどね。特に安倍さん見てるからつい比較してしまう。

フランス人の足並み揃わなくてもったいない。

前向き優等生のマクロンの言うこと素直に聞けないっぽいのよね、本当もったいないと思う。

フランスは外出制限措置をしたのが3月17日だから、約1ヶ月も家から出てないはずなのに、まだまだ患者が増えてる。明るいニュースは重症患者の増加率が減ってきたっていうくらい。

以下で見れます

CARTE – Coronavirus : la progression de l’épidémie en France, département par département

とりあえず、1ヶ月後の学校再開とか、私はきっと行かせないと思います~初日に挨拶させるかな?娘まで行きたくないって言ってたよ・・・そりゃ怖いよね。

今の願望は、マクロンさんに日本の政治も任せたいw。国民が忖度して素直に言うこと聞くからきっと制御しにくいフランス国民相手よりやり甲斐あって楽しい気がする・・

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください